ダイワロイネットホテル千葉中央 宿泊記 その2

 ベッドはどちらかと言えば硬めな部類でしょうか? 枕は両面ともやわらかめなタイプ。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央ベッド

 フレキシブルアームのLED読書灯がついています。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央LED読書灯

 アラームは私は知りませんでしたがLemnosというメーカーのアナログ式で、Made in Japanなのですねコレ。みかけに反して立派なお値段がするようです。メイン照明と入口灯、読書灯のON/OFFスイッチはここに。メイン照明はダイヤル式スイッチで何段階かで明るさを調整できました。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央アラーム

 枕元の左右両側には、スマホやケータイなどを置けるような窪みと100Vコンセント。USBコネクタが付いていましたが、USB電源供給用でしょうか?
201904ダイワロイネットホテル千葉中央USBコネクタ
201904ダイワロイネットホテル千葉中央USBコンセント

 部屋のメインの照明は電球色のおそらくLED。これだけだと若干暗めですが、フロアスタンドも使えばそれなりに明るい部屋になります。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央メイン照明

 空調は天井にビルトインされたもので、壁のバックライト付きタッチパネル液晶リモコンで調整します。温度設定は0.5℃単位で可能です。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央エアコンリモコン1

 運転モード切替、設定温度、風量調整、ON/OFFのみの調整にとどまっているようです。(タイマーがない) これなら機械に不慣れな人でも比較的使えるでしょう。当日は冷房運転も可能でしたので、冷暖房を任意に切り替えられるタイプかと思われます。送風だけやドライ運転も選べるようです。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央エアコンリモコン2

 風速は4段階の表示でしたが、実際には最小にしても棒2本の表示、つまり3段階切替えでした。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央エアコンリモコン3

 洗面室です。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスルーム1

 こちらのホテルでは全室バス・トイレセパレートを「売り」にしており、洗面室の中にバスルームへの扉が別にあります。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスルーム2

 洗面室との段差は全くないと言っても過言ではありません。床は大理石っぽい柄の、石でもタイルでもない合成樹脂か何かだと思います。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスルーム段差

 ドアを開けてまず真正面に洗面台。洗面台の鏡には曇り防止のヒーターが入っています。洗面台の高さは80cm。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央洗面台2
201904ダイワロイネットホテル千葉中央洗面台

 足元のバスケット内にはバスタオル。その横にはゴミ箱。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスタオル

 アメニティは綿棒、くし、歯ブラシセット、シェーバー。シェーバーにシェービングクリームは付いていません。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央アメニティ

 洗面台の水栓はシングルレバー混合水栓、その横に泡で出てくる洗顔・手洗いフォーム。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央洗顔フォーム

 カウンター端の布袋の中には、Panasonicのドライヤー「EH-NE18」、1,200Wのもの。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央ドライヤー

 トイレ周りです。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央トイレ周り

 便座はもちろん、TOTOウォシュレット。ウォシュレット一体型便器です。暖房便座・(たしか)脱臭機能付き。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央トイレ

 これだけ左右のスペースに余裕があると、メタボな体でも楽々です。もちろん便器も便座も大型(エロンゲート)サイズ。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央トイレウォシュレット

 リモコンでノズル位置の前後調整やシャワーのムービング機能が選択できます。また、水を流すのもボタン操作で行います。ずっとシャワーを出していると湯温が下がるので、電気で湯を作るタイプかと思われます。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央ウォシュレットリモコン

 洗面台の右手側がバスルームというか風呂場。洗い場があります。YKKAPの強化ガラス張り(飛散防止フィルム付)。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスルーム3

 バスルームのドア。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスルームドア
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスルームドア2

 バスルーム内は、いわゆる1416規格のユニットバス。(内側の寸法が1,400×1,600mmのサイズ) ガラスや全面光沢の壁パネルが多用されていて、自分が写らないように写真を撮るのが難しいw
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスルーム4
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスルーム5

 バスタブも余裕のサイズ。私のメタボな体でも肩まで全身湯に浸からせるのも余裕、もちろんフチまでいっぱい湯を貯めて洗い場にあふれさせることも可能です。(もったいないからやらないが) プッシュ式の排水栓ですね。給湯速度はそれなりでしたが、排水が遅いのが気になりました。(洗い場があるので、通常の3点式ユニットバスのバスタブのようにお湯が捌けるのを待つ必要がないからその点は問題ありませんが)
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスタブ

 バスタブ側の水栓は、サーモスタット機能のついた定量止水栓。(お湯の温度をセットしハンドルを回すと、ちょうどいい量のお湯が貯まったところで自動的に給湯が止まります) これは便利ですね。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスタブ定量止水栓

 シャンプー、コンディショナー、ボディーウォッシュはポンプボトルで。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央シャンプー

 洗い場側のシャワー水栓もサーモスタット式。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央シャワー

 通常のシャワーとは別に、レインシャワーの設備もあります。通常のシャワーほどの勢いはありませんが、土砂降りの雨のようなお湯が降ってきます。ちなみに、通常のシャワーとレインシャワー、水栓のレバーが兼用で前後に倒す方向でどちらかから出てきますので、不用意にレインシャワーの側にしてしまうと、最初は冷たい水が出てくるので心臓麻痺など起こさぬよう充分に注意が必要です。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央レインシャワー

 バスルームの照明はLEDが3カ所。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスルーム照明

 バスルーム内より洗面室側を見て2枚。エアーフローがいいのか、ガラスやフィルムの機能なのか分かりませんが、バスタブに湯を張ってお湯に浸かっている間でもガラスが全く曇りませんでした。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスルーム内から
201904ダイワロイネットホテル千葉中央バスルーム内から2


 14階の部屋からの景色です。写真中央より少し右側のひょっこり上に飛び出ているのが千葉県庁。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央景色2

 私が泊まった部屋は、一応トレインビュー?でした。写真はJRと京成の線路側。(たまたま偶然、白い京成電車が写っていた)
201904ダイワロイネットホテル千葉中央景色1

 下の写真はE257系特急電車通過中の様子(これは狙って撮った)。この付近は千葉駅到着に備えて減速しているので電車もゆっくりです。
201904ダイワロイネットホテル千葉中央景色3

 部屋の避難経路図を見ると、14階は千葉中央駅の正面を向いた部屋が7部屋、私が泊まった部屋と同じ向きの部屋が6部屋、建物裏側にあたる位置の部屋が4室あるようです。建物の裏側の部屋は、上層階以外はおそらく隣のビルの壁ビューかと思われます。それと、今回は諸般の都合によりホテルの朝食はとっていません。

 こちらのホテルは、バスルームやトイレ周りが大変広くて快適なホテルでした。欲を言えば、使い捨てスリッパとシェービングクリームがあればいいなぁ。


ありがとうございました。
関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック