ジェットスター熊本初就航便で行く熊本の旅 その5(搭乗記)

  12時08分に名古屋からのGK681便が着陸。この飛行機がこれから乗る成田行きになります。
201410熊本空港GK681便着陸


・12:45熊本空港→14:30成田空港 ジェットスターGK610便   
 当日の出発ゲートは6番ゲート。ボーディングブリッジでの搭乗となります。機材は「JA08JJ」。
201410熊本空港GK681便到着
201410熊本空港GK610

 12時28分に「ただ今最終準備に時間を要しているため5分程度案内が遅れる」旨のアナウンスがありました。12時37分に「機内の最終調整をしている」旨のアナウンスがあり、12時40分に搭乗を開始するということでした。写真は6番搭乗口。
201410熊本空港6番搭乗口

 12時40分に、機内後方の16~30列目の客を先に搭乗させるという案内があり、搭乗開始です。帰りの便ではwebチェックイン時に無料で座席指定しておきました。機内後方右側の27A席。写真は27A席の様子。
201410熊本空港ジェットスターA320型機27A席

 参考までに後ろの座席の写真も。一番後ろの30番の席はブロックがかかっているらしいので、事実上事前に座席指定できるのは29番の席まで。27番の後ろの28A席は柱が真横になるのでハズレ席。29Aは窓の位置がちょっと近すぎて首が疲れると思われます。26番も29番と同様。ということで、空いている機内後方座席でベストなのは27番席。その次は24番席。
201410熊本空港ジェットスターA320型機28A29A30A席

 反対側の27F席の様子も。
201410熊本空港ジェットスターA320型機27F席

 12時49分に乗務員の紹介があり、12時50分にドアクローズ。当日は数えたわけではありませんが、搭乗率はざっと3~4割というところでしょうか。僕の前の3席と、右28番の3席が丸々空いていましたし、僕も3席を一人で使うことができるくらいに空いていました。行きのGK611便がざっと8割くらいの搭乗率で¥5,790、帰りのGK610便がこんなに席が空いていても、2日前の時点で¥10,390だったというのをどう見るか。行きのGK611便は、初就航の初便ということで、多少無理して安くしてでも満席近くにしたいという航空会社のPR作戦という可能性もありますが、帰りの便はこんなにガラガラなのに1万円を超えている・・・  ということは、ある程度利便性の高い時間帯(早朝深夜ではない)の便は、空席がたくさんあってもあまり安くは売らないぞという方針が垣間見えた気がします。

 12時53分にプッシュバック開始。12時54分に機内3箇所にCAが立って安全デモの開始。12時56分に一時停止。12時58分に滑走路へ向かって前進開始。13時02分、滑走路に着くとそのまま加速して40秒ほどで離陸。熊本上空は雲ばかり。13時08分にシートベルトサインが消灯し、間もなく機内販売開始のアナウンス。写真は13時15分、津久見港のあたり。ここから九州を離れます。
201410ジェットスターGK610津久見港

 13時18分、西予市明浜町のあたりから四国上空へ。
201410ジェットスターGK610西予市明浜町

 13時24分には早くもあと10分で機内販売終了の案内が。写真は13時29分、JR海部駅~浅川湾のあたり。ここから四国を離れて海上に。
201410ジェットスターGK610海部駅浅川湾

 13時35分、和歌山県の白浜が見えてきました。
201410ジェットスターGK610和歌山白浜

 13時37分に間もなく機内販売を終了するのでご利用の方は乗務員に知らせて欲しいというアナウンス。写真は13時38分、紀伊半島東海岸の太地町~熊野のあたり。
201410ジェットスターGK610太地町熊野

 13時39分に15分後に降下を始めるのでトイレは今のうちに、そしてただ今を以って機内販売終了というお知らせ。この案内の直後にコックピットからの副操縦士の挨拶が入り、串本上空を飛行中であることなどが話されました。今日は3席を一人で使えているので、通路側の人に気兼ねなくトイレに行けるのでトイレを利用。手洗いは温水で出ますね。13時46分に「13時55分にベルトサインを点け、14時00分にまた消す予定であるというアナウンス」、ちょっと意味が分かりませんでしたが、一時的に気流の悪いところを通過する予定ということだったのでしょうか。13時51分にコックピットから「CabinCrew, prepare for landing」の合図が入ると、CAからベルトを締めろ、テーブルや肘掛、日除けを元に戻せなどの案内があり、ゴミの回収に回ってきました。当日は気流の影響で早めにベルトサインを点けるとの説明がありました。13時55分にベルトサイン点灯。写真は13時58分、時間的に静岡南部の海上あたりでしょうか?雲ばかりです。
201410ジェットスターGK610駿河湾上空

 高度を下げて雲の下に降りると、さらに下に雲の層があり、上の雲の層と下の雲の層の間に小さく富士山が見えました。写真は14時08分。
201410ジェットスターGK610富士山1

 14時11分。
201410ジェットスターGK610富士山2

 14時16分、九十九里海岸が見えてきました。
201410ジェットスターGK610九十九里

 一旦利根川を越えてから旋回し、滑走路へは北側から進入するようです。写真は14時23分。
201410ジェットスターGK610利根川

 14時26分に成田空港に着陸。当日の駐機場は現在建設中の新LCCターミナルの162番スポット。駐機場到着は14時30分過ぎ。飛行機が停止してから30秒ほどでベルトサインOFF。14時33分ちょい前にドアオープン。1台目のバスは14時35分過ぎに出発。僕が乗った2台目のバスは14時37分に出発。当日はバスは2台だけでしたが、2台目のバスは2人掛けの座席が丸々空いた席がいくつもあるほどガラガラ。つまり、飛行機にはその程度の乗客しか乗っていなかったということです。14時41分にバス降車口に到着。

 14時43分に到着口のドアを出て、僕の足で普通に歩いて第2ターミナルビルの出口ドアを出たのが14時44分。P3駐車場のマイカーの前に着いたのが14時47分でした。やはりジェットスター利用時にはP3駐車場が便利です。帰りの道路は、早朝の時間帯ほどには流れは良くありませんでしたが、幸い渋滞らしい渋滞もなく比較的スムーズに帰宅できました。

 また新たな地域に就航を果たしたジェットスター。これからも旅の選択肢を広げてくれることを期待しています。ありがとうございました。


おわり                                            
関連記事

コメント

参考になるよ!

ノゲイラ
ジェットスタの座席と窓の位置を調べていたらこのページにたどり着いたよ。大変参考になります。いい情報をどうもありがとう。
非公開コメント

トラックバック