福山オリエンタルホテル 宿泊記 その2

 バスルームです。バスルーム内と部屋のフロアの段差はどちらかといえば小さい方かと思います。
201009福山オリエンタルホテルバスルーム1

 この手のホテルとしては標準的な広さのユニットバスかと思われます。洗面台の鏡に曇り防止のヒーターは入っていません。ユニットバス内の換気扇は換気量が少なめに感じられました。洗面台とバスタブとで蛇口を共用するためか、蛇口が長いので洗面で使う時には少し使いづらい気がします。
201009福山オリエンタルホテルバスルーム2

 バスタブはこの手のユニットバスにしては、どちかと言えば大きい方でしょうか? メタボな僕の体でも肩までお湯に浸かれました。
201009福山オリエンタルホテルバスタブ

 アメニティは歯ブラシセットとシェーバー。シェーバーにシェービングクリームはついていませんが、資生堂の「AUSLESE」アフターシェーブローションがボトルで置いてありました。それと、「洗顔・手洗い用」と書かれたフェースソープのポンプボトル。これは泡で出てきました。手洗い用にこの手のモノが置いてあると嬉しいですね。
201009福山オリエンタルホテルアメニティ

 シャンプー・リンス・ボディーソープは壁に据え付けられたポンプタイプ。
201009福山オリエンタルホテルシャンプー

 便座はもちろんTOTOウォシュレット。ずっとお湯を出していても冷たくならないタイプ。しかし残念ながら小さいサイズ(標準サイズ)。メタボなお尻には一回り大きいサイズ(いわゆるエロンゲートサイズと呼ばれるサイズ)が良いのです。しかも、便器が壁際に近づきすぎて僕の体では、肩や膝・腿が横の壁にピッタリくっついて不快です。こちらのホテルに限ったことではありませんが、壁で身動きできないのも不快な原因の一つですが、便器のすぐ横の壁ということで目に見えない他の客の跳ね返りや尿の飛散成分などが壁に付着している可能性も考えられ、ちょっと不衛生な感じがします。 トイレットペーパーは良いものを使っていますね。触った瞬間にその違いが分かる柔らかいものでした。
201009福山オリエンタルホテルウォシュレット

 部屋のデスクの上に、お好み焼き屋と寿司屋のデリバリーサービスの案内が置いてありました。注文はフロントへ電話でするようです。僕はチェックインする前に既に夕食を調達してしまったので今回利用しませんでしたが、こんなサービスがあると知っていれば利用していたと思います。部屋で料理を注文できるというのは良いですね。メニューの一部を紹介しておきます。

・お好み焼き屋から(火・水曜休み、11:30~20:30営業)
  関西風お好み焼き ブタ玉¥770 ~ミックス焼¥990まで4種類
  広島風お好み焼き ブタ玉¥825 ~(店の名前の入った)スペシャル¥1,155まで5種類  その他トッピング有り

・寿司屋から(¥1,800以上という制限つき、寿司は~21:30、その他は~21:00休みあり)
  にぎり1人前¥1,400~  その他巻物1本¥250~ 他サイドメニュー多数
  「ビジネスマン応援メニュー」と称し、¥700均一で マグロステーキ(しょうゆ焼きorバター焼き)・寿司屋がつくる魚のサラダ・うざく(国産うなぎときゅうりの酢の物)・牛すじ煮込み・砂ずりのぽん酢あえ・あら煮・ふわっふわだし巻き卵・手羽先のジューシー塩焼き・ネギトロ&もろきゅう という9種類の料理が載っていました。



 翌朝の5階の部屋からの景色です。なんと、ガラス窓が2重になっています。そのせいか、外の音は全然聞こえてきませんでした。
201009福山オリエンタルホテル景色

 たまたまこの部屋からは河合塾越しに福山城もチラっと見えました。しかし、周りの建物がこの角度ですから、お城ビューの部屋は限られるかと思います。お城は夜間は煌々とライトアップされていました。
201009福山オリエンタルホテル景色2

 部屋のカーテンはレースのものと厚地の二重になっていますが、遮光性はあまり高くありません。写真は朝の様子。
201009福山オリエンタルホテルカーテン

 朝食は朝からしっかり食べられるバイキング。とても充実しているのでオススメです。楽天トラベルでは素泊まりとの差額がたしか300円くらいだったので、時間的な制約がなければ絶対に朝食つきにすべきです。朝6時半から営業しているのも嬉しいところです。レストランの入口で店員さんに朝食券を渡し、あとは好きに料理をとって好きな席に座ります。食べ終えたら自分で片付ける必要はなく、店員さんが片付けてくれるのでそのままレストランを去る方式です。
201009福山オリエンタルホテル朝食1

 朝からカレーや揚げ物もありますし、ジャーマンポテトのようなものがとてもおいしくお替りさせていただきました。普段の乗り鉄の旅やドライブでは、早朝出発が多くてホテルの朝食をゆっくり食べる機会は少ないのですが、たまにはこんな朝食もいいものですね。写真はデザートのヨーグルトとマンゴープリンとフルーツ。
201009福山オリエンタルホテル朝食2

 泡のフェースソープやビニールパックされたスリッパ、高品質なトイレットペーパーなどから、ホテルのこだわりを感じました。リセッシュや冷蔵庫内に冷やされたグラスなどの気遣いも嬉しいですね。朝食もコストパフォーマンスが高いですし、(空調がアレ・・・なんで季節の変わり目以外は)オススメのホテルです。ありがとうございました。


おわり
関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック

TOTO

ニートな憂鬱 福山オリエンタルホテル 宿泊記 その2 便座はもちろんTOTOウォシュレット。ずっとお湯を出していても冷たくならないタイプ。しかし残念ながら小さいサイズ(標準サイズ)。メタボなお尻には一回り大きいサイズ(いわゆるエロンゲートサイズと呼ばれるサイズ